Q. 志望強度の高い企業同士の面接がぶつかった。どうしよう?

A.慌てることはありません。最終段階の面接ですと、待った無しの決断を迫られますが一次面接など初期段階の面接だと事情を話せば変更してもらえます。

先方から面接の連絡が入ったとき、その場で「先約があるので」と変更をお願いしてください。

躊躇して後日、交渉するのでは相手のスケジュールを狂わせるばかりでなく、状況判断不足を印象づけてしまいます。

二次、三次と進んだ段階での変更は、たとえ変更してもらえたとしても志望強度に疑問符がついてしまいます。

控えのグループに回され、ずるずる引っ張られて最後は不合格ということになりかねません。

慎重にことを運んでください。

詰めの段階でバッティングした場合は、待った無しの決断を迫られますが、もしお互いが同レベルの企業でお互いを意識している関係であれば、変に小細工をしないで、より志望の高い企業の方に自分の気持ち(どうしても入社したい意欲)をぶつけ指示を待つことです。

あなたが欲しい人材であれば適切な指示をしてくれます。


就職Q&A 黒住皓彦 就職活動Q&A回答者
キャリアカウンセラー
黒住皓彦【くろずみ ひろひこ】
元就職情報誌編集長。企業の採用コンサルティング及び大学生の就職カウンセリングを軸として、評論・講演活動に活躍。持論である“就職活動は商談である”“自己紹介書・エントリーシートは自分の商品カタログである”を展開。学生の特性を引き出しながら“人事担当者の心に届く自己表現”とは何かを指導。就職実践塾「天ぷらの会」を主宰。



黒住皓彦 著書
就職活動応援本「就活は自分を売り込む商談だ」
ダイヤモンド社
書店・大学生協にてご注文ください。
または大学図書館・市町村の図書館等でお借りください。


人事・採用ご担当の方へ

会社説明会・入社セミナー等で利用するための会場を探すことができます。【東京都内】

資料請求 貸し会議室・セミナー会場


就職活動 Q&A
就職活動Q&A 関連サイト
Copyright (C) 2013 就職活動Q&A. All Rights Reserved.
http://www.shokuichi.com/ 就職活動情報